バイナリーオプション MFI

MT4に標準装備されている逆張り指標のMFIインジケーター。

MFIは、逆張りで勝ちやすいバイナリーオプションではとても有効なテクニカルインジケーターになります。

MFIを使ってバイナリーオプションをどう攻略するか紹介していきます。

MFIの基本の見方

MFIは、「買われすぎ」「売られすぎ」を判断することができるオシレーター系のテクニカル指標で逆張りのインジケーターになります。

MFIの見方
  • MFIが30に到達したら「売られすぎ」と判断し買い方向「HIGH」
  • MFIが70に到達したら「買われすぎ」を判断し売り方向「LOW」

他のオシレーター系インジケーターと同じ見方ですし、トレンドが発生し「売られすぎ」「買われすぎ」のまま相場は反転せずにトレンドが継続してしまい騙しも存在します。

では、このMFIをどうやって使えるテクニカルインジケーターにしていくかご紹介します。

MFIをバイナリーオプションで上手に使う方法

MFIを使ってバイナリーオプションを攻略したいのならば、まずは逆張りの手法として使うことです。

もちろん、MFI単体では「買われすぎ」「売られすぎ」のだましが多いので、他のテクニカル指標と組み合わせなければなりません。どのテクニカル指標が良いのかオススメ順に紹介します。

RSI 70以上で買われすぎ、30未満で売られすぎと判断するインジケーター
ボリンジャーバンド 上下のバンドにローソク足が到達すると反発を狙ってトレードする方法
CCI 100以上で買われすぎ、-100未満で売られすぎと判断するインジケーター
Demaker 70以上で買われすぎ、30未満で売られすぎと判断するインジケーター
ストキャスティクス 80以上で買われすぎ、20未満で売られすぎと判断するインジケーター
ウィリアム%R 0~-20%で買われすぎ、-80~-100%で売られすぎと判断するインジケーター

このMFI、とても相性が良いのがRSIです。
計算式の異なるオシレーター系インジケーターですので、お互いのだましのポイントを補完しあってくれるのでバイナリーオプションの攻略で手法の一部に取り入れるのであれば、MFIとRSIはセットで使うことをおすすめします。

MFI+RSI+CCIを合わせた手法

3つのオシレーター系を使用した手法のご紹介です。

MFI
期間 14
上限レベル 70
下限レベル 30
RSI
期間 14
上限レベル 70
下限レベル 30
CCI
期間 14
上限レベル 150
下限レベル -150
取引方法

MFIでバイナリーオプション攻略

HIGH
  1. CCIが-150に到達
  2. RSIが30に到達
  3. MFIが30に到達
  4. すべての条件が整ったとき「HIGH」で取引
LOW
  1. CCIが150に到達
  2. RSIが70に到達
  3. MFIが70に到達
  4. すべての条件が整ったとき「LOW」で取引

この3つのオシレーター系インジケーターと組み合わせた手法は、5分判定取引とUSDJPYに非常に有効です。この手法のメリットデメリットはこちら。

メリット
  1. シンプルなロジックで視認しやすく単純明快
  2. 逆張りのフィルターはしっかりとれているので、その他の裁量は必要なし
  3. 午前8:00から翌5:00までのローソク足過去100万本分のデーターでは勝率56%
    ※USDJPY
デメリット
  1. トレンドが発生している場合はだましが多くなる
  2. 活発な相場の時間帯は負けやすくなる

このデメリットで挙げている2つは、全て逆張りの手法全てに当てはまるものです。

本来なら、副業としてバイナリーオプションを行うなら夜の時間帯にしたいですよね。しかし、夜の時間帯は最も活発な時間であるニューヨーク市場になります。ですので、夜の時間を中心に取引したい人には不向きの手法になります。

逆に午前中にバイナリーオプションが取引できる環境の人であれば、おすすめしたいと手法になります。

MFIはバイナリーオプションで取引できる、ただし夜の過熱相場ではしないでね!

逆張りの手法の一部に組み込めばバイナリーオプション攻略に十分役に立つインジケーターMFI。

MFIの使うときのおすすめはこれだ!
  • 逆張りの手法を持っているけどだましが多いので精度を高めたい
  • ドルストレートでトレードしたい人
    ※ドルストレートで機能することが多い

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事