バイナリーオプションでのウィリアム%Rの使い方

バイナリーオプションといえば、逆張りトレード。
逆張りトレードをするならオシレーター系インジケーターが必要になりますが、MT4に標準装備されている中で最も値動きに素早く反応するのがウィリアムズ%Rがあります。

田中珈琲
値動きに素早く反応するということはトレードポイントを多く見つけてくれるんだが、だましが多くなるんだよな

だましは多いけど、使い方次第でバイナリーオプションで十分な効果を発揮してくれます。

ここでは、ウィリアムズ%Rの使い方、他のインジケーターとの組み合わせ、パラメーターの数値の紹介をしていきます。

ウィリアムズ%Rの基本の使い方

ウィリアムズ%Rは、アメリカの有名な投資家ラリー・ウィリアムズが開発したテクニカルインジケーターです。

ウィリアムズ%Rの基本の使い方は、他の逆張りのインジケーターと同じで「買われすぎ」「売られすぎ」を判断するためのテクニカル指標です。

ウィリアムズ%Rの見方

ウィリアムズ%Rの基本の数値と「買われすぎ」「売られすぎ」の判断はこうです。

ウィリアムズ%Rの売買条件
  • ウィリアム%Rが上限レベルに到達したら売り方向で取引「LOW」
  • ウィリアム%Rが下限レベルに到達したら買い方向で「HIGH」

このウィリアムズ%R、他の逆張りインジケーターと違って値動きに素早く反応してくれたり、小さな値動きにも敏感に反応してくれます。この特徴は、バイナリーオプション取引に十分な効果を発揮してくれます。ですが、残念なことにメリットがあればデメリットも出てきます。

ウィリアムズ%Rの良いところ・悪いところ

トレードできるポイントが他の逆張りインジケーターより多い!
だましが多いので負ける回数も多くなる・・・。

田中珈琲
トレード回数が多くなるけど、負けることが多い・・・。結局はパラメーターの数値を厳しくすることになるんだよな。

バイナリーオプションで使うときのウィリアムズ%Rのおすすめの数値

バイナリーオプションでウィリアム%Rを使用するときは、パラメーターの数値をデフォルトの設定から少しいじったほうが良いです。このままの設定でバイナリーオプションをしてもだましが多く、取引をしても勝率50%ぐらいになります。勝率50%だとバイナリーオプションでは利益を出すことができませんよね。

期間 14
上限レベル -10
下限レベル -90

期間をそのままで上限レベルを-10~-0、下限レベルを-90~-100で調整したほうが良いでしょう。トレード回数は減ることになりますが、かなり精度の高いシグナルを出してくれるようになります。ただし、ウィリアム%R単体では使用しないでください。

この数値を基に他のインジケーターと使用することをおすすめします。

ウィリアムズ%Rと相性の良いインジケーター

バイナリーオプションに限っては、間違いなく同じ逆張り指標のインジケーターが相性が良いです。おすすめ順に紹介していきます。

ボリンジャーバンド 上下のバンドにローソク足が到達すると反発を狙ってトレードする方法
RSI 70以上で買われすぎ、30未満で売られすぎと判断するインジケーター
Demaker 70以上で買われすぎ、30未満で売られすぎと判断するインジケーター
MFI 80以上で相場が天井、20以下で相場が底と判断するインジケーター
ストキャスティクス 80以上で買われすぎ、20未満で売られすぎと判断するインジケーター
ウィリアム%R 0~-20%で買われすぎ、-80~-100%で売られすぎと判断するインジケーター

バイナリーオプションには特に必要性はないと思っていますが、トレンド方向に従って押し目・戻りを狙ったトレードをする方法があります。

この方法を使ったトレードをしたい場合は、MACD等のトレンド系のテクニカル指標を使うと効果があります。ただし、経験上インジケーターに100%依存する取引をするのならば純粋な逆張りで良いと思います。そのほうがトレード条件もシンプルになり、取引をするうえで混乱することもありません。

ただし、勝率70%を超えるみたいな手法はできません。良くて勝率60%、年間だと年率58%前後ぐらいになります。

しかし、バイナリーオプションはペイアウト率にもよりますが勝率54%あれば利益は出せます。ですので勝率58%あれば最高ですよね!個人的には十分です。

ボリンジャーバンドとウィリアムズ%R

ボリンジャーバンドとウィリアムズ%を使った手法です。
ボリンジャーバンドにはRSIと組み合わせるの方法があまりにも有名ですが、同じ逆張りのインジケーターのウィリアムズ%でも代用可能です。もちろん、RSIと違うエントリーポイントが抽出されます。

パラメーターの設定は以下の通り。

ボリンジャーバンド
期間 20
偏差 2.0
ウィリアムズ%
期間 14
上限レベル -10,-0
下限レベル -90,-100

取引方法は非常にシンプルです。初心者にも理解できる単純明快なロジックになります。

ボリンジャーバンド+ウィリアムズ%の取引条件
  • ボリンジャーバンドの―2σにローソク足(終値)が到達、ウィリアムズ%が-90(-100)に到達で買い方向に「HIGH」
  • ボリンジャーバンドの2σにローソク足(終値)が到達、ウィリアムズ%が-10(-0)に到達で売り方向に「LOW」

ただ、この方法だけではまだだましが多いかもしれません。その時は、さらに逆張りのインジケーターを追加するか、パラメーターの設定を厳しくしてみましょう。

田中珈琲
海外ではウィリアム%Rの設定を期間4にして上限下限レベルを-1、-99にして他のインジケーターと組み合わせるといったやり方も紹介されているぞ!

ウィリアム%Rはバイナリーオプションで十分な戦力になる

メタトレーダー4(MT4)に標準装備されているインジケーターの中では5本の指に入る優秀なインジケーターです。

逆張り、順張りのどちらのテクニカル指標とも組み合わせやすいインジケーターですので、色々な方法でバイナリーオプションを攻略していくことができます。

バイナリーオプションで使うならこれが良い2つのこと
  • 上限・下限レベルは厳しめに設定したほうが良い!
  • 逆張りの指標と組み合わせてより強力なエントリーポイントを見つけろ!

また、MT4には標準装備されていませんが、乖離と呼ばれる逆張りの指標があります。これもウィリアム%Rに負けないぐらい反応が早くエントリーポイントを数多く見つけることができます。

似たような動きはしますが、エントリーポイントは微妙に変わってきます。試す時があれば、ぜひ使ってみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事